スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あとがき。

2008年06月04日 20:58

お久しぶりです。舞風です。


ついに完結したSoul Reparation、いかがだったでしょうか。

読んでいない方はこちら↓
Soul Reparation
感想はいつでも受付中ですのでお気軽にどうぞ!
※感想は、「このコメントは管理人の認証待ちです」としか表示されないので公開されることはありません。思いのたけをつづっていただいて結構です。




今回は作品を書いた後のあとがき、なのです。




多少ネタばれ的な内容もあるので読んでない方はご注意をば。










この作品はだいぶ内容的に違いますがベースとなった、というか、参考にした作品が基盤にありました。





しにがみのバラッド。


という作品です。




まぁ、本当に届かないです。さすが職業として小説を書いている方には全く持って敵いません。


当たり前ですが。(苦笑






僕は小説を書くにはいくつか手順を踏んでいます。





小説を読む。



インスピレーションを貰う。




一番の見せ場を考える。




そこから物語を作っていく。




という、おかしい書き方です。




見せ場を考えてからそこにストーリーを持ってくるんです。





そして考えていけばいくほど主人公が超能力者だったり、未来へ行ったりとよくわからない未曾有の混沌へと落ちていき、ボツになっていくのですorz





今回の作品はそう考えると逆でした。




プロローグを書いてから、見せ場を考えたのです。(普通ともいう。




そうるりぱれーしょん裏話♪

ここからネタばれ注意。





実は最初アキとケイは作中で他の魂の償い者と交流したり、バトルったりするはずでした。



しかし、上記したようにどんどん混沌へと落ちt(ryだったので泣く泣く断念しました。




そして、これ、言っちゃまずい気がしますが、実は



アキの罪の内容考えないまま作品書いて、最後の1歩手前ぐらいで思いついたという始末だったのです




=====○)д`);.・;゛;ブッ







そして、アキもケイも実は、もっと死に方がエグイ感じになってたのですが、作品的にどんどん負の感じが強くなりそうだったので却下しました。






どんなのかというと




アキ=酔った父親に包丁で襲われ、もみあいになり、ぐさりと逆に刺してしまい、恐怖して家を飛び出してトラックにはねられて(以下略)



ケイ=家族を強盗に殺害され怒り復讐を遂げた後、トラックに(以下略)






れっつ混沌





やめて正解だった((





さてさて、今書き始めた作品ですが、打って変わって、学園ラヴコメ形式になってます。




まだまだ、書き始めたばかりでいくらでも改良の余地があるのでこんなキャラを出して欲しい!というのが在りましたらコメント下さい。もしかしたら出演するかもしれません。





ではでは。





※もしかしたらSoul Reparation スピンオフを執筆するかもしれません。あくまで未定です。





今書いている作品について最後に。







どちらがいいかお答えいただければと思います。



1、章ごとに小出しで載せる。

2、完成してから一回で載せる。





ではでは、また次の作品ができるのをお楽しみに。






ノシ
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。